無痛・虫歯治療

できるだけ痛くない・抜かない虫歯治療を

銀座さくら通り歯科の虫歯治療

かたいものを食べると少し痛む…… 冷たいものを飲んだらしみた……

その歯、そのままにしていませんか? 「痛い」「しみる」は虫歯の重要サイン。頻繁に起こる場合はだいぶ進行している可能性もありますので、少しでも早く当院までご相談ください。

虫歯は歯垢などが原因となって起こり、手遅れになると抜歯に至ることもあるおそろしい病気です。「まだ大丈夫」と軽く考えず、日ごろから虫歯のセルフチェックを心がけましょう。早期発見、初期段階であれば削らずに治療可能です。

無痛治療で安心の虫歯治療を

「虫歯かもしれないけど、なかなか歯医者に行けない」という方のなかには、「治療の痛みがいやだから」という方もいるかもしれません。そんな方もご安心を。銀座さくら通り歯科では、できるだけ痛みを抑えた無痛治療を行っています。笑気麻酔法、表面麻酔法、局所麻酔法など、治療中の痛みをほとんど感じない方法を採用していますので、安心して治療をお受けいただけます。

歯をできるだけ残すための「根管治療」

虫歯は、歯の組織をどんどんと破壊していく病気。歯の表面のエナメル質を溶かし、その内側の象牙質、神経へと侵攻していきます。

象牙質までであれば、患部を削って詰め物や被せ物をすることで治療できるのですが、問題は神経まで達してしまった場合。そのままにしておくと歯を残すことが困難になるため、神経を除去し、神経が通う「根管」をしっかりと清掃・消毒して被せ物で保護する「根管治療」が必要になります。

当院が根管治療に力を入れる理由

当院では、できるだけ患者様の歯を残すため、根管治療に力を入れています。たとえば、歯の神経が冒され激痛が止まらないとき、抜歯をすれば歯の痛みは簡単に消えます。また、抜歯した場所は入れ歯やインプラントで補うこともできます。しかし、優れた素材で補っても、本物の歯を残すメリットの方が大きいです。だからこそ、できるだけ歯を残す治療にこだわっているのです。

根管治療は複雑かつ高度な技術を要する治療です。確かな技術を持つ医師が、最適な治療法で安全な治療を行います。安易に抜歯をおすすめすることはありませんのでご安心ください。

根管治療が難しいと判断した場合

通常の根管治療を行っても治癒が見込めない場合には、症状に合わせて、以下の方法を選択する場合があります。他院で抜歯しかないと診断された方も歯を残せる可能性がありますので、まずはご相談ください。

歯根端切除術(しこんたんせつじょじゅつ)
抜歯前の最後の手段として行う治療法の一つです。外科的に歯根の先端を切り取ることで歯根の裏側にある病巣を取り除くことができ、抜歯を避けられる可能性があります。
意図的再植術
一度歯を抜き、細菌感染した部分を取り除いてから、もう一度元の位置に歯を戻す治療法です。
歯根分割抜歯(ヘミセクション/トライセクション)
奥歯の複数本ある歯根の一部だけを除去する治療法です。残すことが不可能な歯根だけを除去する事で、抜歯を避ける事が可能です。

ページの先頭へ戻る

tel   03-3564-6111 医院へのアクセス  >>

TEL 03-3564-6111